【舞台レポ】神宮寺勇太主演舞台『葵上』『弱法師』-「近代能楽集」より-

King & Princeの神宮寺勇太が8日、東京グローブ座で上演される舞台『葵上』『弱法師』(-「近代能楽集」より-)の公開ゲネプロ後取材会に参加した。初の単独主演舞台でストレートプレイに挑戦。神宮寺は「僕自身のこういう姿をみなさんに見ていただくのは、なかなかないので足先から頭の上まで堪能してほしいです」と胸を張った。

ゲネプロの様子

今作は全8編の短編戯曲からなり、国内外からの評価を集める三島由紀夫の代表作『近代能楽集』の2篇を連続上演。神宮寺は『葵上』で美ぼうの青年・若林光、『弱法師』では戦火で視力を失った二十歳の青年・俊徳を熱演。「本当にみなさんにご迷惑をおかけしていろいろな方に支えていただきながらレベルアップさせていただきました。一人だと立ち向かえないくらいの難しい大きな壁という印象がありました」と振り返った。

初の大役ながら三島作品を2作連続で難役に挑戦した神宮寺は、初共演となる中山について「本当にたくさん助けられました。おけいこ中も。こういう経験が、お芝居の経験がそんなに多くないので引っ張っていただきながらお芝居をしていただいて、本当に助けられました。初めて座長をやらせていただいているのですが、本当に美穂さんに、支えてもらいながら、今を迎えています。本当に頼もしい方」と尊敬の眼差し。

この言葉に中山は感激しきりで「もう、すごく驚くほど素直なんですよ。直感力も働いて、自分のなかですぐスマートに変換して動いてらっしゃる。そういう姿を見て、私も刺激になりましたし、私も先輩とはいえ、舞台経験が豊富ではない新人なのに、ごめんね…と思いながら、新人なのに先輩みたいにしてごめんね、と」と恐縮。「私は彼が光さんであり俊徳でよかったな。なんに対しても『はい』と受け止める。次の瞬間から切り替える『なんで?』というスキをみせない。そこが初々しくて。だってかわいいんですもん」と魅力を明かした。

けいこ中にはほとんど交流していないそうで「ふっと和むような会話、食べ物が何がすきなのとか、そんな会話も一個もしていないので、役の中で『どうくるかな』『こうきたか』と言う感じ」という中山に、神宮寺は「けいこも本当に毎日、やらせていただたのですが、僕自身余裕がなくて…ずっと台本と向き合っていたので本番始まってからにしよう、と」と申し訳なさそうにしつつも「僕、好きな食べ物はカレーです」と付け加えて、笑いを誘っていた。

Twitterレポまとめ

タイトルとURLをコピーしました